中学生脱毛なび

中学生のお子さんの脱毛

中学生のムダ毛の悩み

 

 大人にとっても、毛深いことは悩み。
 それが思春期の中学生のお子さんともなると、気になって仕方がないですよね。
 悩んでいるお子さんの姿を見る、お母さんお父さんもお辛いことだと思います。
 このサイトでは、中学生のお子さんでもできるムダ毛処理の方法について紹介しています。

 

チャートで見る脱毛方法

 

 

 

 

脱毛サロン

脱毛器

クリーム

カミソリ

痛み

 

 

 

 

簡単さ

 

 

 

 

効果の

長さ

 

 

 

 

安全性

 

 

 

 

費用

 

 

 

 

 

方法別にメリット・デメリットをまとめてみました。
簡単に分けると、安いものは効果が薄くて、お金をかければ、安全で長い効果が得られるということです。

 

あと、脱毛クリームは、通常は安全で簡単ですが、肌が弱い人は、商品が肌に合わないという場合もあります。
そういった方は、おそらくカミソリで脱毛しても、肌が荒れると思いますので、痛みの少ない脱毛サロンなどで、ケアするのが一番ですね。

 

また、脱毛器は値段は最も高いですが、1度買ってしまうと、家族や友人と使い回しができるというメリットもあります。
お子さんの脱毛と一緒に、お母さんやお姉ちゃんのムダ毛処理もできますね。

 

こういった感じで、値段だけではなく、家族構成や、肌のタイプなどを考えて、選んでみてください。
下に、ジャンル別の一覧を作っておきましたので、参考に御覧ください。

 

 

中学生脱毛なび|毛深い子供を持つお母さん・お父さんへ

 

中学生脱毛なび|毛深い子供を持つお母さん・お父さんへ

 

中学生脱毛なび|毛深い子供を持つお母さん・お父さんへ

 

中学生でも脱毛サロンを利用することはできる?

 最近は中学生の子どもでも脱毛サロンに通うことは珍しくなくなりました。
 中学生でもムダ毛に悩んでいる人は少なくなく、ムダ毛が多いせいでいじめられるケースもあるので、結構深刻な問題です。

 

 でもいまだに子供には脱毛は早い!と思っている親御さんも多いですね。
 ムダ毛処理さえ、やらない方がいいという人もおり、中学生の脱毛に抵抗感を持つ人もまだ多いのです。

 

 しかし昔より子供の体の成長は早いです。
 女子は初潮年齢も下がっており、性ホルモンが影響すると言われる体毛も、中学生で悩んでいるコは増えています。

 

 ムダ毛を指摘されたり、からかわれたりすることで、自分でムダ毛をなんとかしようとしてカミソリで剃って肌を傷めてしまうこともあります。
 肌ケアの知識のない中学生の自己処理ははっきりいって危険。
 きれいな肌を保ちたいなら、思いきって脱毛してしまう方が、将来的にもいいんです。

 

中学生の脱毛はどこで受ける?

 

 脱毛を受ける場所といえば、脱毛サロンやエステサロン、クリニックなどがあります。

 

 中学生が受けられる脱毛コースは、最近どんどん増えています。
 大手の脱毛サロンやエステの多くが、未成年でも脱毛できます。

 

 ただし、脱毛サロンの方針で年齢制限などを設けています。

 

 例えば、TBCの場合、ライト脱毛は7歳以上からとなります。
 ミュゼプラチナムの場合は、年齢制限ではなく生理がきている人が対象。
 ディオーネなら3歳からOK。

 

 このように脱毛サロンによって対応が違うので、脱毛可能なのかどうかチェックする必要がありますね。

 

 また、脱毛するには親の同意書が必要になり、中学生ならカウンセリングの時に同席することが条件になっていることが多いです。

 

 脱毛サロンによっては、親子で脱毛できるコースを設定しているところもあります。
 初めての脱毛は、いろいろと不安がつきものですよね。
 お母さんと一緒なら、安心して脱毛できるし、親御さんも脱毛がどんなものなのかがわかるので、一石二鳥です。

 

 脱毛は最初は不安がつきものですが、カウンセリングでいろいろ質問できるので、納得がいってから契約するようにしましょう。
 脱毛サロンは料金が下がっているので、脱毛するなら今がチャンスかもしれません。

 

 

脱毛器って中学生でも使えるの?

 中学生がムダ毛処理する場合、お手入れ方法によっては肌を傷めてしまったり、仕上がりが良くなくて逆にムダ毛が目立ってしまうことがあります。
 中学生は結構目ざといので、ムダ毛のせいでからかわれたりいじめに発展するという話もあるので、ムダ毛処理するなら正しい方法でするようにしたいですね。

 

 ムダ毛をなくすなら、脱毛するのが一番。
 しかし、中学生で脱毛サロンやクリニックに通うのは抵抗がある人もいるでしょう。
 近くにサロンがない場合もありますよね。

 

 それなら、家庭用の脱毛器を使うという手もあります。
 最近の家庭用脱毛器は高性能なものも増えており、人気があります。
 脱毛サロンやクリニックは、定期的に何度も通わなければなりませんが、脱毛器が1台あればムダ毛が気になった時にお手入れできます。
 家族で使えば、経済的なため家族や友人同士で共有して使っている人もいます。

 

中学生向けの脱毛器を選ぶなら

 今、家庭用の脱毛器の主流はフラッシュ式の脱毛器です。
 これは脱毛サロンやエステで使われているフラッシュ脱毛と同じ原理ですが、出力はサロンよりも弱いです。

 

 資格のない個人が使っても安全なように設計されていますが、脱毛サロンよりは効果は落ちると考えた方がいいでしょう。

 

 使い方はムダ毛が気になる部分をまず冷やし、照射するだけなのでシンプルです。
 照射後は肌を冷やし、保湿ケアをします。
 こう書くと簡単に思えますが、使い方を誤ると火傷などのリスクがあり、大人でさえ気を付ける必要があります。

 

 ほとんどの脱毛器は大人用として販売されているので、中学生がひとりで使うことはおすすめされていません。
 もし使用するなら、大人が操作するようにしましょう。

 

 脱毛器は手軽ですが、効果は前に書いた通りサロンより出力が小さいため、2週間に1度くらい照射する必要があります。
 ワキや足のムダ毛のように、濃いムダ毛には効果を発揮しやすい一方、胸毛や腕、顔など産毛には効果が薄い傾向があります。

 

 こうしたことを考えて、脱毛器を買うか考えた方がいいですね。

 

抑毛ローションでムダ毛を処理する方法もある

 中学生になると、そろそろムダ毛を気にし出すコが増えてきます。
 体格差だけでなく、ムダ毛の生え方や量も個人差が出てくるのがちょうど中学生くらいからなので、ムダ毛が多いコとまったく生えていないコに分かれる時期ですね。

 

 ムダ毛があると見苦しいだけでなく、からかわれたりイジメの原因にもなりかねません。
 しかし中学生がムダ毛処理をするのは、大人から見ると「まだ早い」とか「肌が荒れる」とか「今からムダ毛処理するともっとムダ毛が太くなったり増えたりする」から、ムダ毛はいじらないように言う人もいるでしょう。

 

 でもムダ毛のせいでイジメられることもあります。
 イジメがなくなっても、ムダ毛にコンプレックスを感じて辛い日々を送っているコもいるでしょう。

 

 もしムダ毛処理に抵抗があるなら、抑毛ローションを使うという方法もあります。

 

中学生も使える?抑毛ローションとは?

 抑毛ローションは、ムダ毛が気になるパーツに塗ることで、ムダ毛を生えにくくする効果が期待できます。
 ムダ毛を剃ったり抜いたりすることで、肌や毛穴に負担をかける除毛処理と違い、肌を削らないので肌にやさしいです。 

 

 抑毛ローションで多いのが、大豆イソフラボンやパイナップル酵素が配合されたもの。

 

 大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすると言われており、女性らしい体型を作ったり生理を安定させたりする効果があることはご存知でしょう。
 この大豆イソフラボンは肌に塗ることでムダ毛の抑制をすると言われています。

 

 また、パイナップル酵素は、フルーツに含まれるフルーツ酵素がムダ毛を分解する効果が期待されており、抑毛ローションによく配合されています。

 

 中学生の子どものムダ毛はまだ細く産毛のことも多いため、こうした抑毛ローションが効果を発揮しやすいそうです。

 

 ただ抑毛ローションにはデメリットも。
 抑毛ローションは塗り始めたからといってすぐ効果は出ません。
 少なくても3か月は毎日2回くらい塗り続ける必要があります。
 効果がなかなか出ないので、さぼったりやめてしまうと意味がなくなってしまいます。

 

 また濃いムダ毛には効果があまりないそうなので、ワキ毛やひざ下のムダ毛が濃い場合は抑毛ローションは向きません。

 

 やはり脱毛してしまうのが一番早く、肌の負担もかけないので一番です。

 

毛深いことが原因でいじめにあっているなら

 中学生の子どもは、相手が傷つくことを考えずに思ったことを口にしがちです。
 中学生になると、ムダ毛が生えるようになってきますが、非常に個人差が大きいです。
 みんなはほとんど生えていないのに、一人だけムダ毛がモジャモジャ生えていたら目立ってしまいますよね。

 

 中学生時代は、人より目立つ人はいじめのターゲットになりやすいです。
 いじめまで行かなくても、「毛深いね」と言われただけでショックを受けたり、学校に行きたくないとごねたりする可能性があります。
 最悪、不登校になるきっかけにもなってしまうので、たかかムダ毛と侮れません。

 

 毛深くていじめに合っている場合は、親や教師が間に入ってもこじれてしまうこともあります。
 いじめの原因であるムダ毛をなくすことで、いじめのきっかけの芽を潰してしまいましょう。

 

当サイト推奨。中学生の正しいムダ毛処理とは?

 中学生のムダ毛処理は、中学生でも危なくない方法であることが大切です。
 例えば、カミソリはドラッグストアや100円ショップで手軽にカミソリを買うことができ、ただ剃るだけなので簡単です。
 しかしカミソリは肌を削りやすく、剃れにくくなったカミソリは肌荒れの元です。

 

 カミソリを使い続けると、削り続けられた肌はガサガサになり毛穴が目立つようになってしまいます。

 

 剃るのなら、電気シェーバーがおすすめ。
 ただムダ毛が多い場合はお手入れするのが大変だし、定期的なケアが必要になります。

 

 肌荒れの心配のない抑毛ローションを使うという手もあります。
 ただ、抑毛ローションは効果を実感できるまでに時間がかかりすぎるのがネック。
 ムダ毛が気になりだす夏からはじめても、早くて冬ごろにならないと効き目がわかりません。

 

 ムダ毛処理で一番なのは脱毛です。
 中学生でも脱毛できるサロンは増えており、肌にやさしく痛みもほとんどないです。
 脱毛もすぐ効果は実感できませんが、少しずつムダ毛が減りムダ毛処理で肌を傷めないですむため、一番肌荒れしにくい対処法といえます。

 

中学生脱毛なび|毛深い子供を持つお母さん・お父さんへ