顔の産毛が濃い 中学生

カールおじさんみたいなヒゲはいや・・・。

顔の産毛が濃いと悩んでいる中学生へ。上手な処理方法

 

体のムダ毛は服で隠すことができますが、顔のムダ毛はほとんど隠すことができないものです。
冬や花粉症の人が増える3、4月なら、マスクである程度は隠すことも可能ですが、それ以外の季節はマスクをしているだけで目立ってしまいますよね。

 

中学生ごろから、顔にうっすら産毛が生えだすため、産毛を気にし出す人が増えていきます。
顔の産毛が濃いといってもいろいろあり、顔全体に産毛がふさふさ生えている人もいれば、鼻下のヒゲ部分が濃かったり青白く見える人、眉毛がつながっている人など人によってさまざまです。

 

特に鼻下の産毛は、ヒゲが生えている!とからかわれやすく、イジメにつながることもあります。
眉毛がつながっていることをからかわれて、こっそり自分で剃り、剃り跡が逆に目立ってまたからかわれる、という恐ろしいケースもあるので、きちんとしたケアをしてあげる必要がありますね。

 

顔の産毛のケア方法は?

ムダ毛ケアはカミソリが手軽ですが、中学生のデリケートな肌はカミソリはリスクが高いです。
手軽で肌にやさしく、1つ持っているといいのが、電気シェーバーです。
肌に刃が当たらない設計になっているものを選べば、肌を傷つけることなくムダ毛だけきれいに取り去ることができます。

 

ただ、お手入れ方法は最初はお母さんがやってあげるといいでしょう。
やり方をよく理解させて、正しい方法でできるようにするだけでなく、シェーバーのお手入れも自分でさせるようにするといいですね。

 

顔全体にたくさん産毛があるので、ムダ毛処理が大変な場合は、顔剃りのプロにやってもらうという手があります。
プロなので、肌を傷めずにきれいにムダ毛だけをなくしてくれます。
自分でやるムダ毛処理の方法を教えてくれることもあるので、一度試してみる価値はありますね。

 

また将来的には、顔の脱毛を考えるのもアリです。
顔のムダ毛はほとんどが産毛なので、脱毛の効果はすぐに表れにくいと言われています。

 

脱毛は顔の産毛ケアを定期的に行うよりも肌へのダメージがなく、大人になってからは産毛がないことで化粧のりがよくなるなどのメリットもあります。

 

お子さんが顔の産毛で悩んでいるなら、思い切って脱毛してみるという選択肢もあります。

 

顔の産毛が濃いと悩んでいる中学生へ。上手な処理方法