腕毛 毛深い

中学生の腕毛処理

腕毛が毛深いと目立つ。男子にひやかされていやだ!

 

だんだん暑くなってくると、薄着になりますがその時に気になるのがムダ毛。
中学生の場合は、腕毛が毛深いことに悩んでいるコが多いです。
単純に露出している部分が多いですからね。何もしなくても自然に見えますから。

 

例えば、教室の授業ではワキ毛や足のムダ毛は机に座っているため見えません。
でも腕は、半袖やノースリーブを着ていたらとても目立ちますよね。
自分だけでなく、周りの人からも目に付くため、毛深いことを指摘されたり、苛められたりすることも実際にあるようです。

 

腕のムダ毛はワキ毛のように剛毛なことはあまりなく、細くて産毛のような毛質の人が多いですが、中には太くて目立つムダ毛で悩んでいる人もいるようですね。
ムダ毛が細い場合も、腕毛の量が多かったり手の甲や指までムダ毛が生えていて、それはそれで、コンプレックスに思ってしまいますよね。

 

 

細い腕毛はパフ、太い毛には除毛ローション

腕毛の処理は、毛の太さで分けてやってみるのもいいですね。

 

例えば、細い毛には除毛パフなど。
除毛パフは、ムダ毛のある肌に直接パフを当て、クルクルと撫でるようにやさしくこすることでムダ毛を除去できるという除毛アイテム。
パフの表面がムダ毛をからめてくれて、根元からカットしてくれるという仕組みなのでとても手軽です。

 

くるくると撫でることで、毛の先端も丸くなりチクチクしないことと、角質も同時に取ることができるため肌がつるつるになると評判です。
除毛パフは、太いムダ毛には効果が期待できないようですが、細い産毛のようなムダ毛はきれいに取れます。

 

腕毛は細い毛の人が多いので、こうした除毛アイテムを使う方法もあります。
ただ、肌が弱い人には向かないです。
肌の表面をこするので、長く使うと肌荒れの原因になるかもしれません。

 

他には、カミソリで剃る方法もあります。
ただ、カミソリは肌を傷つけやすいし、腕は傷ができると目立つ場所。
できればカミソリは避けて、あまり刺激のない方法でムダ毛処理するのが一番です。

 

そうなると脱毛するのが一番ですが、脱毛は細い毛や色素の薄い毛には反応しにくい傾向があります。
脱毛と抑毛ローションなどを併用して利用することで、より早くムダ毛をなくしていくことは可能です。

 

脱毛は毛周期があるためすぐ効果を実感しにくいですが、定期的に脱毛することで確実にムダ毛を減らすことは可能です。

 

腕毛が毛深いと目立つ。男子にひやかされていやだ!