中学生 ワキ毛 濃い

中学生のワキ毛処理

中学生がワキ毛が濃いという理由でいじめられる

 

冬は服に隠れているので、あまり気にしない人も、夏は授業でプールがありますよね。
水泳の授業では水着になるわけですが、体のムダ毛、特にワキ毛が気になるのではないでしょうか。
中学生ともなると、ムダ毛の処理も大切になってきますよね。

 

 

男子よりも成長が早いと言われる女子の中には、他のコよりも早くワキ毛が生えて悩んでいる人もいます。
男子にワキ毛をからかわれたりワキ毛のせいで苛められ、ショックを受けるコもいるでしょう。
ワキ毛で苛められる場合、恥ずかしくて親に相談できないケースもあるようです。

 

ワキ毛は腕を上げない限り、人目につきにくいムダ毛です。
ただ、日本人のワキ毛は真っ黒くて毛深い人も多く、生々しく見えてしまう傾向があります。

 

 

お金をかけるならサロン脱毛。安く抑えるならクリームかシェーバー

ワキ毛のお手入れの方法は、カミソリや電気シェーバー、除毛クリームなどを使う方法がありますね。
一番お手軽なのが、カミソリです。

 

ワキは狭いパーツなので、カミソリでざっと剃れば2、3分できれいになります。
ただし、カミソリは肌を傷めやすく、中学生が扱うのは少しリスクがありますね。
カミソリはよく剃れる反面、肌の表面も一緒に削ってしまうため、大人でも肌の黒ずみや傷などをつけてしまうことがあります。

 

除毛するなら、電気シェーバーが肌にやさしいのでおすすめです。
電気シェーバーは、肌の表面に触れずにムダ毛をカットしてくれるので肌を傷めません。
正しく使えれば傷や黒ずみの心配がないため、肌が弱い人にも向いています。

 

除毛クリームは仕上がりがきれいです。刺激の強いものもありますが、植物由来のものを使えば中学生でも使えます。
また、思春期のムダ毛はそれほど固くないので、柔らかい毛を抜くのにも適しています。

 

一番肌にやさしく、コスパもいいのはズバリ脱毛です。
小学生用の脱毛コースを設けている脱毛サロンやクリニックもあるので、中学生のお子さんも試してみる価値はありますよ。

 

脱毛は高いイメージがありますが、両ワキ脱毛は狭い部位のため意外と低価格の出費ですみます。
自己流のムダ毛処理で肌を傷めてしまうコも多いので、思い切って脱毛してしまう方がキレイなワキを保てます。

 

中学生がワキ毛が濃いという理由でいじめられる